女の人

鬱病になったら治療しよう|自分に合った精神科

自宅から近い病院を利用

カルテを持つ看護師

鬱病の種類は一種類だけではありません。最近では微笑み鬱病という種類も確認されています。微笑み鬱病と言うのは壮年期の人に多く発症する鬱病で、普段は笑顔で微笑んでいるのですが影では酷く落ち込んでいます。周囲からは元気そうに見えるので心配されることがありません。普通の鬱病に比べて周りから発見されないのが特徴で、自分でも気づくことができないので病気がどんどん進行していきます。長い間放置してしまうと症状が悪化して最悪の場合自殺してしまう可能性が高くなってしまうでしょう。そのようなことになると人生が終わってしまいますし残された家族にも負担がかかってしまうでしょう。微笑み鬱病は周囲から気づいてもらえないので、自分でセルフチェックをして対処する必要があります。眠れなかったり不安やイライラすることが多くなった場合は要注意です。元々イライラする性格なら大丈夫なのですが、おとなしい性格の人であれば注意が必要です。他にも午前中のミスなども大きな特徴です。微笑み鬱病の特徴は午前中にぼうっとしてしまうことが多くミスが多発するのですが、午後になると元気になって通常と同じように仕事をすることができます。口の乾きや肩こりなども主な症状になるので注意が必要です。

鬱病を治療するにはすぐに治すことはできないので、通院することになります。人にもよりますが毎月通院することになる可能性もあります。なるべく自宅や会社から近い距離にある精神科を利用したほうが良いでしょう。間違えて遠い場所を選んでしまうと通院が大変になります。なるべく自宅から徒歩で通院できる精神科が理想でしょう。車や公共交通機関を利用する際は交通費が必要になります。なるべく高額にならないように心がけることが大切になるでしょう。鬱病で車を運転するときはかなり危険なので、なるべく自分で運転するのは控えたほうが良いです。自宅から近い精神科を探すときはタウンページを利用すると良いでしょう。タウンページなら電話番号の他にも住所を見つけることができます。自宅から近い場所にある精神科を複数確認して、そこから気になる精神科に問い合わせをすると良いでしょう。料金やサービスなど細かいことを聞くことができます。問い合わせをするときは電話を使用することになりますが、症状が重症でできない場合もあります。そのようなときはメールを使用したり、代わりに問い合わせをしてもらうと良いでしょう。