女の人

鬱病になったら治療しよう|自分に合った精神科

医師によって治療が変わる

男性

医師の質によって鬱病の治りやすさが全く違います。良い医師であれば高い確率で鬱病が改善されやすいです。鬱病の治療に大事なのはカウンセリングになるので、人の話を親身に聞いたり良い解決方法を導き出してくれる医師に診てもらうと良いでしょう。このような医師であれば重度の鬱病でも安心して利用できます。しかし、最近ではカウンセリングに力を入れない医師が多くいます。こちらの話を聞かずに薬だけを処方するような医師は注意したほうが良いでしょう。鬱病は薬による治療だけでは絶対に治ることがありません。カウンセリングでストレスの根源となる原因を追求して、それを意識して改善することで鬱病は治療できます。薬は鬱病の症状を軽減するためだけの一時的な役割に過ぎないので、まずはカウンセリングを重点的にしてくれる医師を探すことが大切です。良い医師は薬の成分や副作用などの説明をちゃんとしてくれます。鬱病のときは抗鬱薬を処方される可能性がかなり高いのが特徴です。飲み方を間違えてしまうと通常の薬と違って副作用が非常に大きいです。副作用が原因で体調が悪くなることも考えられます。薬の種類はかなり多く一般的にはパキシルを処方される場合が多いです。パキシルは即効性がない薬なのですが飲み続けることで効果を実感できます。途中で辞めてしまうと酷い離脱症状に襲われる可能性もあるので注意したほうが良いでしょう。副作用が強すぎる場合は医師に伝えることで自分に合った薬に変えてくれる可能性があります。即効性が高く持続力がないデバスという薬もあります。この薬は一時的に効果があるので薬で酷い副作用がある人が服用しやすい薬になるでしょう。医師にもよりますがこれらの薬を大量に処方する場合があります。そのような場合、薬漬けになってしまう可能性があるので注意したほうが良いでしょう。

精神科のホームページを見ることで医師の自己紹介を確認することができます。自己紹介で医師の経歴や実績を見ることができます。医師の期間や精神科で勤務している期間などがかなり重要になります。また、院長歴なども重要になるでしょう。小さい病院の場合は院長が直接カウンセリングをする場合が多いです。そのときに経験が浅いと良いカウンセリングをしてくれない場合があります。精神病の症状によっては大きい病院を利用しないといけない場合もあります。その際に紹介状を書いてくれる医師はかなり良い可能性が高いです。なるべくこのような医師を見つけるべきでしょう。