女の人

鬱病になったら治療しよう|自分に合った精神科

病院の大きさの違い

ドクターと看護師

鬱病の原因はストレスです。日常生活の人間関係や仕事のストレスが主な原因になるでしょう。人間関係では我慢する立場である人ほどストレスを感じやすく、逆の立場の人であればストレスを感じにくいです。仕事に関しては長時間の重労働が原因になるでしょう。最近は景気がかなり悪くなっているのでブラック企業が多くなっています。ブラック企業などで長時間労働を強いられてしまうと疲労が溜まってしまい、睡眠だけでは疲労が回復しなくなってしまいます。疲労が溜まってしまうと仕事でミスをしてしまったりして悪循環になってしまうでしょう。そのようなことがないようにまずは仕事の環境を見直す必要があります。ちなみに、ストレス以外にも元々の性格が原因で発症する場合もあります。真面目で几帳面な人は危ない可能性が高いです。一生懸命で完璧主義者の場合は何事も全力でしないといけないと思い込んでいるので、達成できなかった際に強く落ち込んでしまうことが多いです。それがストレスと重なってしまうと鬱病になってしまうでしょう。他にも言いたいことをはっきり言えない控えめな人も鬱病になりやすいです。遠慮していると心が疲弊してしまいます。なるべく発言できるように努力すると良いでしょう。どのような性格も自分をうまくコントロールすることが大切になります。完璧主義者の場合は完璧を求めずに少しだけ手を抜いてみるなど工夫してみると良いでしょう。性格はすぐに変えることはできませんが日々努力することで、鬱病になりにくい性格にすることは可能です。

精神科や心療内科は小さい病院があれば大きい病院もあります。どちらもメリットがあるので自分に合った病院を見つけると良いでしょう。大きい病院の場合は医療設備がかなり充実しているので高度な精密検査や心理検査を受けることができます。精密検査をすることで体の状態を詳しく検査できるでしょう。鬱病は重症になってしまうと体に悪い影響が現れる可能性があるので、精密検査で確認したほうが良いでしょう。心理検査に関してはカウンセリングではわからないようなストレスの原因を見つけるきっかけになる場合があります。大きい病院を利用するメリットは他にもあり入院が必要なときでもすぐに対応してくれます。小さい病院の場合は入院できるベッドがないので、入院する際は手続きなどをしなくてはなりません。しかし、大きい病院なら主治医が手続きなどをしてくれるので安心できるでしょう。入院後は主治医が見てくれる可能性が高いので、医師が変わって混乱してしまう可能性も低いです。